読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、そこで何してるの?

意識ゆるい系。失敗だらけの人生.今この瞬間、楽しんで、生きていきたい。26歳独身。職業フリーター。バックパーカーが好き。旅が好き。

意識ゆるい系が、物申す。

DIMEのスマホに使える広角・マクロレンズが付録を購入して使ってみた。

お得・節約 モバイル・IT

3月16日に発売して話題のDIMEの雑誌。

なんと、スマホでの写真撮影時に使える、クリップ式の広角とマクロレンンズがついて、750円(税込)で売られてます。

しかも、アウトドアメーカーCHUMSのコラボで、ちょっと欲しくなりますよね。

ということで、書店で早速購入して、撮影してみました。

 本屋に行ったらラス1でした。

f:id:eastmax:20160318125857j:plain

amazonでは既に売り切れ。一応、近くの本屋さんに行ったら、なんとか手に入りました。結構、嬉しいです。と言うか、普通に欲しくなるよね。CHUMSとのコラボだし。

クリップ式レンズ

f:id:eastmax:20160319092022j:plain

こんな感じです。いや、DIMEのロゴ感もすごいけど、質感とかも全然悪くありません。クリップ式で、レンズは回転して外すことができます。レンズカバーも付いているので、使わない時はキャップをしておけます。

広角レンズ

f:id:eastmax:20160319092212j:plain

真ん中を中心に広がる感じの写真が撮れます。通常より広範囲を撮ることができ、広々と撮影することができます。通常だと、多少回りにレンズクリップが入ってきてしまうので、少しズームをすれば、問題も解決します。

自撮りの場合にも、広角で重宝しそう。

マクロレンズ

f:id:eastmax:20160319092145j:plain

今度はマクロレンズ。広角レンズを外すとマクロレンズが登場です。こちらは、予想以上にボケがすごいなって思ってました。そしたら、ボケのせいじゃなくて、かなり接近しなければとれないと言う事がわかりました。実際に、レンズキャップにかなり近づけたらピントも合いました。この質感までしっかりと見えてしまいます。

後ろのボケをうまく活用すれば、良い写真が撮れるかも。

おわりに

雑誌の付録に目がない僕です。雑誌自体も好きなので、コンテンツ付きのクリップ式レンズと思えば、高くはないかなと思います。なんか、いろいろな場所でいざって時に活用できそうです。

ちなみに、amazonなどでは、似た様な商品がもう少し安く買えそう。

 これとかは、魚眼レンズもついてます。

 望遠レンズもあるみたいですよ。ズームで撮ると画質は悪いけど、これだと綺麗に撮れるかもしれません。

スマホでも、写真がかなり綺麗に撮れるようになってきた時代です。スマホ向けレンズを駆使したカメラブームももしかしたら起きるかもしれませんね。

いま、そこで何してるの?

本屋さん行ってみたら!

交換レンズ活用テクニック100 (玄光社MOOK テクニック100シリーズ)
 

 

スポンサーリンク